· 

ワンポイントアドバイス〜ピラティス編〜

ピラティスは、鼻から息を吸って、口から吐く胸でする呼吸(胸式呼吸)が基本となります。
呼吸を意識しながらトレーニングしてくださいね。
今日は、レッグキックシリーズの中の、「前にキック」をやっていきたいと思います。
このトレーニングは、股関節を柔軟にして、脚全体を引き締めます。
そして、脚の内側の筋肉の強化にもなります。
まずマットに横になり、体をまっすぐに伸ばして、キックする方の足のつま先を立てて、残った脚は90度に折ります。
キックする脚と同じ方の手で体を支えるように前に置きます。
脚を後ろにひいてから、脚をたたんできて前にキックします。
呼吸を気にしなくても、脚を動かすだけでも股関節の可動域が広がるし、良い運動になると思います。
しかし、体幹を意識して引き締め、ピラティスの呼吸をしながらトレーニングする事によって、股関節の可動域は、確実に広がります。
そして、キックする脚に力が入るようになり、脚も引き締まり、脚の内側の筋肉も強化されます。
このトレーニングは、体幹を使って脚を広げる事が自然と出来るようになるので、ダンスを踊るのにとても良いトレーニングだと思います。
レッグキックには、あと3つのバリエーションがありますので、また機会がありましたら、紹介していきたいと思います。